進学塾の選び方ナビ

進学塾の選び方ナビ

進学塾の選び方ナビ

進学塾・学習塾に通う子供たちが増えていますね。「子供が塾に通っている」といえば、「教育熱心だね」「大変ね」と言われていた時代もあったのですが、今では塾通いはごく一般的なことになっていて、中学生にもなると過半数の子供たちが学習塾に通っている世の中です。
子供たち自身も塾通いにそれほど抵抗を持つことなく、周囲の友達が通っていたりすると、「僕も(私も)塾に行きたい!」と自ら志願する子もたくさんいます。ですので、学校の授業を補いたい、成績を少しでも上げたい等の理由で、わりと気軽に学習塾に通い始めるというケースも増えてきているようです。


しかし、学習塾に通う一番の目的といえば、今も昔もやはり「受験」です。高校受験、大学受験に加えて、最近では中学受験にチャレンジする子供たちも増加傾向にありますよね。受験勉強をする中で、「今のままじゃ志望校に合格できない」、「少しでも上の学校を狙いたい」となれば、「では塾に通ってみようか」と思い至るのは自然なことです。
こと中学受験に関しては、学校の勉強と自宅学習だけでは対応できないような問題も出題されるので、「中学受験をする=塾に通うor家庭教師をつける」というのがセオリーのようになっています。

進学塾と学習塾の違いについて

さて、学習塾の中でも、特にこの「受験」に向けての指導に特化している、または重きを置いている学習塾のことを、「進学塾」と呼びます。「進学塾」という言葉の響きだけを見ると何やら厳しそうで、講義もどれほど難しいのかしら・・・と不安になる方もいるかもしれませんが、進学塾は受験のためのスパルタ教育を行う塾というのではなく、受験に関する豊富な情報と指導のノウハウを持ち、効率的な受験勉強をするための学習塾と捉えていただければ、少し肩の力が抜けると思います。


受験勉強というのは、もちろん本人の地道な努力、勉強の積み重ねが大切なのですが、自分一人で勉強しているだけでは限界があったり、何かと取りこぼしが出てきてしまうのも、残念ながら事実です。受験勉強をする時間というのは限られているので、同じ時間勉強をするのであれば効率よく勉強した方が成果もあがります。そこで、みなさん進学塾へ通ったり、受験対策に秀でた家庭教師を付けたりといった選択をするわけです。

いざ受験対策のために進学塾へ

また、進学塾に通うことは、勉強の効率をあげるという以外にも様々なメリットがあります。勉強というものはただでさえ孤独な作業で、一人で黙々とやっていると、「本当にこれで合格できるんだろうか」とか、「これだけ勉強しているのにテストでちっともいい点がとれない」とか、不安ばかりが募ってしまうことがあります。

しかし進学塾に通うことで、受験勉強にある種の「安心感」が生まれます。「受験のノウハウを熟知した進学塾に通っているのだから、ここで指導を受けて相談しながら一歩一歩進んでいけば大丈夫!」という気持ちになれますね。



さらに、たくさんの仲間に囲まれて勉強することで、刺激を受けてモチベーションが上がるというメリットもあります。大抵の進学塾では志望校や志望学科などによってクラス分けがされているので、身近に「同じ目標に向かって勉強している仲間」が大勢います。その中に身を置き、刺激を受けながら勉強していくことで、「僕も(私も)がんばろう!」という気持ちが持てれば、お子さんの進学塾通いは大成功と言えます。


それでは、「いざ受験対策のために進学塾へ!」というみなさんのために、進学塾の選び方についての詳しいお話を進めていきたいと思います。受験という大きな目標に向かって、最適な進学塾をチョイスするためにはどうすれば良いか?進学塾選びのコツやポイントを、様々な視点から紐解いていくことに致しましょう。


受験対策のための「進学塾」。進学塾に通うメリットとは?ピッタリの進学塾を探すには?

Copyright (C) 2009 進学塾の選び方ナビ All Rights Reserved.